半田赤レンガ建物

文化・芸術活動や地域コミュニティーの集まりなど、さまざまな用途でご利用いただけるレンタルスペースです。 地域の魅力発信や交流につながる活動を支援する場として、市民の皆様に活用いただくことを目的としています。

3.7点

施設の概要

会議室
  • 飲食店 飲食店
  • 感染症対策 感染症対策

アクセス

  • 愛知県半田市榎下町8
  • 【電車】 [名鉄河和線利用] 住吉町駅下車東徒歩5分 [JR武豊線利用] 半田駅下車北西徒歩15分 【車】 [知多半島道路利用] 半田中央インターより東へ車で10分
  • 年末年始・定期点検日
  • 0569-24-7031
  • あり(記載なし)
  • 9:00~22:00

この施設のGoogleの口コミ

3.7点

ビールが美味しかったです。おつまみのソーセージも種類がイロイロ楽しめました。趣深い建物内でランチタイム。初めて寄りましたが、良かったです。新美南吉の故郷とは知りませんでした。好きな作家の一人。お菓子を買って帰りました。

★4や5を付けてるのは関係者や市役所職員が殆どなので信用しない方がいいです。ただ古いだけの倉庫を、無理矢理テーマパークにしているだけの建物です。特筆すべき魅力や楽しさはありません。小樽や函館の赤レンガ建物とかを期待していくと確実に残念な結果に至ります。そして不釣り合いに入場料が高い。 隣接するハウジングセンターと共同経営的なのも実にナンセンス。カブトビールは好みは分かれますが苦手な方が多く、決してお勧め出来る味ではありません。ぶっちゃけ日本人の口には合わないビールです。ソーセージとかも高すぎ。

散歩大好きのぽんちゃんです。 半田の街を歩いています。 ここはもともとーーー 半⽥⾚レンガ建物は1898年にカブトビールの製造⼯場として誕⽣。 明治時代に建てられたレンガ建造物としては⽇本で五本の指に⼊る規模を誇るとのことで。 毎⽉第4⽇曜⽇、「⾚レンガマルシェ」が開催されています。 是非どうぞ!

半田市の観光スポットです。 かつてあったかぶとビールの工場の建物をリニューアルして、内部を見学できるようにしています。 中は、かぶとビールのこれまでの歴史が分かる資料館があります。 この資料館は入場料金がいります。 また、かぶとビールの復刻したのを提供するカフェも併設されており、売店もありますよ。 資料館の方は、ビール工場だった頃の面影が残っています。

明治31年カブトビールの製造工場として誕生。当時の建物を保存する為に耐震工事が施されています。貴重な建造物です。カブトビールの製造工程・貴重な資料・当時使用された展示品などを¥200で観る事ができます。一見の価値はあります。マルシェ等も開催されています。半田赤レンガフレッシュマーケットは毎月15日開催。ひとはこ市は奇数月第1日曜日に開催。手づくり雑貨と癒しのマーケットです。苔玉や花の苗などをお値打ちに購入しました。手作り体験も開催。リース作りや寄せ植え体験。レストランでカブトビールも楽しめます🍺移動販売車も外庭に数台出店。タピオカドリンク等販売。マルシェを楽しめます。

この施設の口コミを書く

近隣の施設

  • ※施設の情報は最新ではない可能性があります。必ず公式ホームページにて内容をご確認ください。
  • ※施設紹介文に関しては、施設のホームページより一部転記しております。
  • ※施設の口コミは、Google Mapの情報を利用しています。 口コミの投稿はGoogle Mapに対しての投稿となります。
こくちーずプロ(告知'sプロ)

会議室・ホールの予約および価格などにつきましては、施設に直接お問い合わせください

半田赤レンガ建物のイベントを「こくちーずプロ」に登録してセミナー・イベントの告知及び集客をする

愛知県から同じ収容人数のセミナー会場(貸し会議室・ホール)を探す